【二重整形】切開法と埋没法の違いとは?気になるメリット・デメリットを分かりやすく解説!

美容

前回の記事では私が初めて整形(埋没法)をしたときのお話しをさせていただきました。

初めての整形。【埋没法】準備・カウンセリング・二重手術の経験をお話しします!
近年、美容整形は気軽にできるプチ整形などが広く知れ渡り、かなり身近なものになりましたね。 いま、整形しようか悩んでいる方、興味をもってインターネットで調べている方など、様々な方がいるかと思います。 今回は、私が初めて整形をしたときの...

 

今回は「そもそも埋没法ってどんな手術?」「切開法との違いはなに?」と疑問を持っている方もいると思うので、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

二重整形手術は「切開法」と「埋没法」の2種類があります。

切開法とは

まぶたを切って二重を作る方法です。

切開法には「全切開」と「部分切開」の2種類があります。

 

・全切開

全切開は、二重にするラインをメスで切って二重にする方法です。

切る面積が大きい分、必要があればまぶたの脂肪や余分な皮膚も一緒に取り除くことができます。

まぶたの脂肪が多い方、たるみが気になる方にオススメです。

 

・部分切開

部分切開は二重にするラインを部分的に切る方法です。

切る面積が小さいので、脂肪や皮膚を取り除く量は多くはありませんが、傷や腫れは少なく済みます。

埋没法が取れて元に戻ってしまった方や、全切開まではしたくない人にオススメです。

 

埋没法とは

埋没法は「メスを使わない」「切らない」で二重を作れる方法です。

髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたを縫って二重をつくります。

腫れや痛みも少ないので、プチ整形感覚で受けることができます。

万が一、元の目に戻したい場合は糸を取ることもできます。

 

切開法と埋没法のメリット・デメリット

 

メリット

切開法埋没法
・半永久的な二重を作ることができる

・脂肪やたるみも一緒に取り除くことができる

・まぶたが厚い方でも二重になる

・埋没法が取れやすい方でも二重になる

・費用が安い

・ダウンタイムが短い

・バレにくい

・元の目に戻せる

 

デメリット

切開法埋没法
・費用が高い

・ダウンタイムが長い

・元の目に戻せない

・糸が取れたり、緩んだりして元の目に戻る可能性がある

・まぶたの脂肪が多い方は元に戻りやすい

・戻る可能性があるので希望する二重幅で手術できないことがある

 

 

 

クリニックによって、こだわりの施術方法や材料を使われているので、費用や持続性なども違ってくると思います。

ちなみに、私は整形しようと思うまでは二重手術に種類があることすら知りませんでした。

 

施術時間・ダウンタイムはどのくらい?メイクはいつから?

 

切開法埋没法
施術時間10分~15分30分~60分
ダウンタイム約1週間~2週間

(傷の赤みや硬さが落ち着くのは約3ヶ月)

(二重が馴染むまで約6ヶ月~1年)

約3日~7日

(二重が馴染むまで約3ヶ月~6か月)

メイクアイメイクは抜糸後から可能当日から可能

(アイメイクは3日目から可能)

 

※施術したクリニックによって時間や日数に違いがあります。

 

私が埋没法をしたときは、縫った傷跡の他に注射を刺した跡が青→黄色っぽくアザになりました。

黄色っぽくなればコンシーラーで隠せますが、まだ青いときは綺麗に隠しきれません。

昔から、腕に打つ注射でもアザになる事が多かったので、アザができやすいんだと思います。

まぶたにBNLSをしたときもアザができました。

このようなことから、注射でアザができやすい人はそれも含めた上でダウンタイムをとることをオススメします。

 

よく考え・よく調べて選択しましょう

自分の顔です!

後悔しないためにも、自分にはどの施術が向いているのかをよく調べましょう。

口コミは「サクラ」も紛れているので騙されないように気を付けてください。

症例写真を見ていると、先生それぞれの得意な仕上がりが分かってくるので「この先生に施術してもらいたい!」と思える人が見つかるかもしれません。

焦らずに、自分に後悔のない選択をしましょう。

レポは正直に書きます。
周囲に気付かれないように美容にお金かけてます。
自宅のセルフケアと美容外科で日々自分磨き。

はぴをフォローする
美容
スポンサーリンク
はぴをフォローする
はぴブログ

コメント