【最新版 剥脱性口唇炎】ほぼ完治!?剥脱性口唇炎が普通の唇になってきた!

悩み

今回は私が剥脱性口唇炎になって、現在一番良い唇の状態になったのでその方法を紹介します。

自分の感覚では、以前書いた記事のことをしたからベースが出来、成り立っていることだと思っているので、それをしてから今回紹介した方法を試してみて見る方が良いと個人的には思います。

ペロンとはがれて綺麗な唇に!剥脱性口唇炎のガサガサの皮をはがす方法
前回は剥脱性口唇炎についてお話しました。 今回は、私が長年やっている自己流の剥脱性口唇炎の皮をきれいにはがすやり方を紹介します。 剥脱性口唇炎になってから 前回の記事でもお話しましたが、私は思い当たるきっかけがとく...

 

スポンサーリンク

前回紹介した改善方法のメリット・デメリット

私は、前回紹介した改善方法で剥脱性口唇炎の症状は見た目的にかなり良くなりました。

ガサガサの乾燥した硬い唇の皮がなくなって、自分の好きなリップメイクも普通に楽しめるようになったのです。

しかし、根本的な治療をした訳ではないのでメリットもあれば、やはりデメリットもあります。

 

メリット

・硬い皮が綺麗に剥がれてくれる

・剥がれた後の見た目は綺麗な唇になる

・ガサガサ唇のストレスから解放される

・唇の見た目を気にしなくて済む

・口紅やグロスなど好きなリップメイクを楽しめる

デメリット

・根本的な治療にはならない(夜にはうっすらと新しい硬い皮ができ始めている。見た目は分からない。)

・低コストだがお金がかかる

・やはり唇自体は乾燥しやすい

・唇が綺麗な状態でもリップを塗らないで笑うと唇が切れる。(ビニールみたいにつっぱる)

・外泊するとき(誰かと一緒)はやりずらい。

 

私の皮むけの範囲

ちなみに私の唇の皮が剥ける範囲はアイキャッチ画像にあるようにこんな感じです。

 

現在は上下の唇が重なる部分だけですが、前回の改善策を編み出す前は、唇が重ならない部分も剥けていたので、この画像のように広範囲でした。

 

改善策を編み出してから試したこと

前回紹介した改善策を編み出してからの数年間は、そのままの唇で満足していました。

しかし‥

 

・唇が乾燥しやすいこと

・翌朝にはペロンとまた新たな唇の皮が剥がれること

 

症状が悪くなる事はないけど、一生このままなのは嫌だと思い始めました。

とくにリップクリームなど何も塗らない状態で笑うと、唇がピッと切れてしまうのが痛いし凄く嫌でした。

そこで、更に症状を改善させるためにまた色々と試してみてみる事にしました。

 

皮膚科で塗り薬の処方(プロペト)

近くで評判の良い皮膚科へ行って診察してもらう事に!

唇を診てもらうのは初めてだったので「完治すると良いなぁ」と思いながらワクワクして向かいました。

 

到着すると、さすが評判が良いだけあって激混み!

呼ばれるまで1時間半くらいかかりました

そして、いざ診察‥!

 

 

 

 

 

…えっ。(´θ`llll)

 

 

人の顔もろくに見ず、淡々と早口で喋る機械人間な先生なんですけど…。

 

言葉の一つ一つになんの感情も篭ってない、びっくりするくらいの機会人間…。

 

 

そして処方されたのはプロペトのみ。

※プロペトとは、白色ワセリンよりも純度の高いもの。

 

診察時間2分もなく終わり、速やかに移動をして看護師さんのような人にプロペトの塗り方を教わって終了。

 

【塗り方】

暇さえあれば、唇に多すぎると思うくらいたっぷり塗る。

 

【結果】

全く改善されませんでした。

塗れば一時的に保湿されますが、厚く塗ったからと言って唇の皮が剥けなくなる訳でも、乾燥が改善される訳でもありませんでした。

それでも4回通院しましたが、毎回同じ対応・処方なので通う意味がないと感じ行くのをやめました。

 

それから数年後‥

 

モアリップ

剥脱性口唇炎の方や唇の皮が剥がれやすい方(一時的な症状なのか不明?)で、モアリップを使ってからは皮が剥けなくなったという声が結構あった為、使ってみることに。

普通に荒れた唇にももちろん効果があるようで、クチコミがかなり良かったリップクリームです。

 

【結果】

改善されませんでした。

日中はもちろん、前回使用したものに置き換えて寝るときは少し厚めに塗って使用しましたが改善はされず。

 

【使用感】

・保湿力のある使用感。

今まで試したリップよりも少しだけ保湿力はあるが、時間が経つとリップの塗り直しがやはり必要となりました。(ほかのリップのようにすごく乾燥するわけではない)

・ほんのりスースーする

チューブなので塗り直しもしやすく、持ち運びもしやすい大きさです。

 

こちらは1回リピートして2本使い切りました。

クチコミが良かっただけに期待してしまっていたので少し残念でした。

 

ユースキン リリップキュア

ユースキンのリップもモアリップと同様で、剥脱性口唇炎の方や唇の皮が剥がれやすい方(一時的な症状なのか不明?)で、リリップキュアを使ってからは皮が剥けなくなったという声が結構ありました。

こちらのリップも、モアリップと同じ使い方をしました。

 


【結果】

唇の突っ張りが治りました!泣

見た目は綺麗でも、ビニールのような突っ張った唇。

笑うと切れてしまっていた唇がついに治った!泣

 

そして…

 

唇の皮が剥ける症状もかなり良くなりました!

 

剥ける皮が剥けてるのか分からないくらい極薄になりました!

薄すぎて皮が取り切れてない状態で外出する事も多々ありますが、リリップキュアを塗っていればその皮がガサガサする事もありません。

むしろ、何も塗らないで過ごす日があっても硬い皮になることはなくなりました!

 

夜も、今まではうっすらと新しい皮ができていましたが、今は全くその気配がありません。

夜なのに唇が硬くなく、柔らかいんです!泣

 

なんかもう、剥脱性口唇炎だという感じがしなくなってきました!

 

【使用感】

・保湿力抜群!

個人的には、今まで様々なリップクリームを使用してきたなかで一番保湿力がある!

リップの塗りなおし頻度も飲食した後くらいで今までの半分以下になった。

 

【改善して欲しいところ】

使用感はとても満足ですが、可能であれば改善して欲しいところがあります。

それはチューブタイプのように持ち運びしやすく、指で塗らなくてもいいようにして欲しいということ。

 

ちなみにユースキンはリップスティックタイプとチューブタイプも販売されています。

 

リリップケアスティック

リリップケアチューブ

 

 

「じゃあ、スティックかチューブ買えばいいじゃん!」と思った方がいるかもしれません。

 

しかし、これらのリップは種類によって唇の注意レベルが違います。

左からケアスティックが注意レベル1、ケアチューブが注意レベル2、リリップキュアが注意レベル3となっています。

注意レベルが高いほど唇の症状が悪い人向けなのです。

 

なので、私が欲しいのは注意レベル3のリリップキュアのスティックかチューブが欲しいんです!

 

 

 

‥でも、改善する為には成分が変わってしまうというのならこのままでいいです。(あっさり)笑

 

 

リリップキュアは今年の3月から使用していて、1つ目を一度無くしたので今は2つ目を使用中です。

2つの使用期間を合わせても、まだ3ヶ月半くらいだと思います。

 

まとめ

今回紹介したものはあくまで私の個人的なレビューです。

このレビューが少しでも誰かの役に立てたらと思い記事を書いていますが、私には効果がなかった商品が他の方には効果があり、私には効果があったけど他の方には効果がなかったというクチコミもあります。

 

色々な人の声を参考にして是非自分に合った改善策を見つけてみて下さい。

マスクを付ける機会が多い時期だからこそ、色々と試せるチャンスだと思います。

レポは正直に書きます。
周囲に気付かれないように美容にお金かけてます。
自宅のセルフケアと美容外科で日々自分磨き。

はぴをフォローする
悩み 美容
スポンサーリンク
はぴをフォローする
はぴブログ

コメント