切らずに部分痩せ!脂肪溶解注射BNLSとは?

美容

「この部分がもっとスッキリしてたらな」

そう思ったことはありませんか?

今回は切らずに部分痩せをする事ができるBNLS注射を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

BNLS注射とは

BNLS注射とは植物由来の成分が脂肪を破壊し、注射した部分の脂肪を減らす脂肪溶解注射です。

部分的に打つ事ができるので、ダイエットでは落ちにくい箇所の脂肪を減らす事ができます。

ダウンタイムも少ないので手軽にでき、自然と部分痩せができるので周りにも注射した事がバレる心配はほぼありません。

 

BNLS適用部位

【フェイス】

・額

・こめかみ

・頬骨部

・頬(ほうれい線のあたり)

・鼻

・小鼻

・上瞼

・顎下

 

【ボディ】

・脇

・上腹部

・脇腹

・下腹部

・太もも

・膝上

・二の腕

・背中

・腰

・臀部

・ふくらはぎ

・足首

 

注入できる部位はクリニックによって多少違いますが、BNLSは顔や身体に打つことができます。

部位によって注入量も変わってくるので、身体など範囲が大きくなればなるほど入れる量が多く必要になります。

 

BNLSのメリット・デメリット

BNLSには下記のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・料金が安い

・痛みが少ない

・メスを使わずに施術できる

・ダウンタイムがない

周囲の人にバレずにできる

自然な仕上がり

 

デメリット

・1週間ごとに3回くらい通うのが望ましい。

・効果が出るのに数日~数週間がかかる(個人差あり)

脂肪溶解できる量が限られる

期待するほど効果が得られないこともある。美容整形経験者が語る金ドブランキングでは上位の常連である。

などが挙げられます。

なので、BNLSを検討してる人は1度注入しただけで劇的な効果が得られると思わないで受けた方がいいと思います。

 

BNLSとBNLS neo の違い

BNLS neoには米国FDAで認められた成分のデオキシコール酸が配合されています。

デオキシコール酸は脂肪細胞を破壊してくれる成分です。

その為、従来のBNLSよりも高い脂肪溶解効果が期待できます。

 

最大注入量はどのくらい?

BNLSを注入できる量はクリニックによって違いはありますが、顔と身体の注入限度は異なります。

フェイス  20cc

ボディ  50cc

これは入れる部位によっても最大注入量が異なります。

 

BNLSと脂肪吸引の違い

【BNLS】

・ダウンタイムがない

・気軽に施術できる

・料金が安い

・リバウンドのリスクは少ないとされているが、脂肪細胞自体を取り除いた訳ではない為リバウンドする可能性はある

・1回の注入量が限られる為数回通うのが理想

 

【脂肪吸引】

・ダウンタイムがある

・料金が高い

・脂肪細胞自体を取り除くため、リバウンドのリスクは低い。

・劇的な変化を感じられる

・傷跡が目立つリスクがある

 

ダウンタイムがとれない人や自然な仕上がりを求める人はBNLS、劇的な変化を求めるなら脂肪吸引が向いているかもしれません。

 

BNLS注入後の注意事項

・術後直後からメイクは可能

・BNLSが広がりより効果が期待できる為、マッサージや有酸素運動をすることが推奨される

・当日は入浴、サウナ、飲酒、激しい運動などは控える

 

ダウンタイムもほぼないうえに、気をつけることで大変なこともないのでとても助かりますね。

同居してる人にバレたくない場合も怪しまれることもありません。

 

まとめ

今回はBNLSの効果やメリット・デメリットなどを紹介していきました。

BNLSを考えてる人はこれらを考慮した上で検討してみるといいと思います。

また、私はこれまでに何回もBNLSを注入したことがあるので、次回はその経験を書いていきたいと思います。

レポは正直に書きます。
周囲に気付かれないように美容にお金かけてます。
自宅のセルフケアと美容外科で日々自分磨き。

はぴをフォローする
美容
スポンサーリンク
はぴをフォローする
はぴブログ

コメント