初めての整形。【埋没法】準備・カウンセリング・二重手術の経験をお話しします!

美容

近年、美容整形は気軽にできるプチ整形などが広く知れ渡り、かなり身近なものになりましたね。
いま、整形しようか悩んでいる方、興味をもってインターネットで調べている方など、様々な方がいるかと思います。

今回は、私が初めて整形をしたときのことをお話ししていきたいと思います。

きっかけは最初の記事で紹介させていただきました。

プロフィール
こんにちは、はぴ(@fuwawawaaa)です。 オシャレや美容が大好きな婚活社会人です。 何年も前からブログを始めようと思っていましたが、ブログを開設する手間が大変そうでなかなか踏み出せずにいました。 パソコンに詳しい訳...

 

スポンサーリンク

美容外科探し

私が初めて整形した頃は、整形について個人的に発信している人はほとんどいなかったので色々な美容外科のクチコミや症例写真を比較して上手そうな先生を探しました。

今はSNSなどで、手術経過を細かく発信してる人がたくさんいるのでリアルな感想が聞ける機会が多くなりましたね。

私はまぶたが厚い方なので切開法にしようか悩んでいましたが、ダウンタイムが長く取れないので埋没法を選びました。

 

二重整形当日の持ち物

・費用

・身分証明書、同意書、印鑑など(必要な場合)

・帽子、サングラス、メガネ

・コンタクトケース

・メモ

 

私が施術した埋没法はよくある

「腫れない」「バレない」を売りにしたものでしたが、

当日はさすがにある程度腫れます。

知り合いに会ったらバレます。(笑)

なので目元を隠せるものを必ず持って行きましょう。

メモは要望がいくつかある場合など、伝え忘れがないようにあらかじめ携帯にメモしておくことをオススメします。

カウンセリングや手術に緊張して頭のなかが真っ白になりかねません。

せっかくコンプレックスを解消する為に時間と高いお金を払って手術するのだから、

言いたいことは後悔しないように伝えましょう。

 

カウンセリング・当日手術

二重整形は多くの美容外科でカウンセリング当日に手術することが可能です。
私もカウンセリング当日に手術を希望しました。

・手術までの流れ

問診票の記入 → カウンセリング → 手術

カウンセリングでは施術してもらう先生に、希望する二重幅を伝えて鏡を見ながらシミュレーションします。

私は、アイプチやメザイクで作っていた幅にすると決めていました。

 

先生

幅はこのくらいですか?

今までこの位置で二重を作っていたのでもっと広くしたいです。

先生

まぶたの脂肪が多いのでこれ以上広くするとすぐに取れてしまいます。

はぴさんの目だと‥(微妙に広くしてくれて)このくらいが限界です。

(これじゃあ理想の幅よりも狭いな。どうしよう‥)

そしたら、まぶたの脂肪とりした方がいいですか?

先生

まだ若いから取らない方がいいです。

年を重ねるとまぶたの脂肪は減ってくるので、いま取ると将来逆にまぶたが窪む可能性があります。

何年か経っても気になるようならやってもいいと思いますけど。

(年をとっても私のまぶたが窪むことなんてないと思うけど‥もう少し様子を見てみよう)

分かりました。何年か様子みます。

二重の幅もこれでお願いします。

 

カウンセリングはこのようなかたちで終わり、私が希望していた幅で手術することが不可能ということを知り、正直不満はありました。

 

ですが、担当してくれた先生は「できる」「できない」をはっきり伝えてくれて、一人ひとりの人ときちんと向き合ってカウンセリングをしてくれる人だと感じたので、最終的に納得して手術することができました。

 

初めての整形手術

笑気麻酔で手術を行ったので、ふわふわとした不思議な感覚で手術を受けました。

いつの間にか意識がなくなり、気付いたら手術が始まっていて先生の声が聞こえてきました。

痛みはなく、糸で縫う際にまぶたが引っ張られている感覚だけありました。

時折「チクー、大丈夫ですか?」と痛みを確認してくれる声に、私もふわふわしたまま「はい」と答えていました。

この何とも言えない印象深いシーンは「死ぬ間際に走馬灯で出てきそうだな」と思いながら手術を受けていました。(笑)

 

整形完了

手術は20分くらいだったと思います。

先生の呼びかけで起き、生まれ変わった自分の目を鏡で見せてもらいました。

腫れない手術とはいえ、術後はやはり少し腫れていました。

二重のラインも、縫った跡がハッキリと窪んでいて下を向くと不自然なまぶたです。

帰りはメガネをかけて帰りました。

緊張が解けたせいか、お腹が空いたので外食して帰りましたが、他人には気付かれない程度の腫れなので安心してお店に入ることができました。

 

手術後に気をつけること

血行を促進させることは控える

・飲酒

・激しい運動

・入浴(シャワーは可)

 

私は3日くらい何も予定を入れずに家で過ごしていました。

埋没法はダウンタイムが少ない手術ですが、腫れ具合は個人差があるので気持ち多めに取っておくといいでしょう。

体感的に1ヶ月半くらいで二重の幅は安定してきたような気がします。

 

埋没法をした感想

痛みも無くダウンタイムも少ないので、思っていたよりも気軽に整形できたことに感動しました。

埋没法をしてからは、今まで以上にメイクをすることが楽しくなりました。

自分のすっぴんにも少し自信が持てるようになりました。

 

 

ですが、私もそうでしたが必ずしも自分の希望する施術ができる訳ではありません。

先生の説明をよく聞き納得したうえで手術しましょう。

納得いかない場合は先生の意見も聞いたうえで、一度冷静になり施術自体を考え直すことをオススメします。

希望通りにしてもらいたくて強引に施術してもらったとしても、失敗したら元もこうもないですからね。

また、なかには高額な施術を勧めてくるクリニックもあります。

自分に必要のないものであれば

絶対にキッパリ断りましょう!

 

勧めた本人は、誰にいくらの施術をしたなんていちいち覚えていません。

後で後悔しない為に、自分の気持ちを大切にしてください。

 

今回は私が初めて整形したときのお話しさせていただきました。

これから整形を考えている人の参考になれたら嬉しいです。

 

レポは正直に書きます。
周囲に気付かれないように美容にお金かけてます。
自宅のセルフケアと美容外科で日々自分磨き。

はぴをフォローする
美容
スポンサーリンク
はぴをフォローする
はぴブログ

コメント